スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「感染症型」倒産

歯科医院の倒産や経営不振の原因の1つとして、「感染症型」というのがある。

家業として身内・親戚に同業者が多く、友人関係も大学の同窓会・歯科医師会・学会などと、交友範囲が比較的狭い。

日々、目に触れる情報も医療関係が中心で、日常接点のある外部の人間といえば、せいぜい患者・技工所・材料屋だけ、という変わりばえのしない日々の連続である。

また、院長自身が医療労務者として夜遅くまで働き、診療の合間に経営者として労務・財務の仕事をこなし、時間的にも余裕がない。
しかも、口腔内の限られた医療という職業柄、変化・刺激の少なさが、「倦怠感」と「慣れ」を生じ、情報・知識量が限られる中で、安易に「いい話」に飛びつく傾向が強くなる。

この「いい話」が、次から次へ同業の歯科医に口コミ的に伝染していくらしい。
「いい話」というのは、挙げればキリが無いが、例えば、「高い利回り」「節税対策」などに引かれ、同僚歯科医の紹介というだけで、「投資用マンション」や「先物取引」に手を出してしまう例が、意外なほど多くみられるという。

日頃いかに多忙でも、経営者として必要な知識・情報収集を心がけ、できるだけ人付き合いを業界外にも広く求め、「美味しすぎる儲け話」ならまずは警戒し、それぞれの専門家に確認することが必要である。
スポンサーサイト
プロフィール

ドクタードットコム

Author:ドクタードットコム

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。