FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医療裁判

現在、医療事件は年間約1000件あり、10年前と比べて2倍以上に増大している。
これはあくまでも訴訟件数の数であり、医療過誤事件としては年間約5000件にも上る。

医療事件に関しては、弱者救済の視点という理由から、患者側有利な判決が下されるケースが多い。
また、「専門性・密室性・封建性」の3つが患者有利な理由にもなる。

・専門性・・・医学の専門的知識が必要となるため、医療訴訟を引き受けられる弁護士が少ない。
また、特殊な分野であるため、医学的素人の裁判所は、患者側につく。

・密室性・・・医療事故はほとんど密室で起きており、そこには病院側の人間しかいない。
また、カルテの改ざんなどにより、事故を隠蔽しようとする事もできるため、真実の追究は難しい。

・封建性・・・原告と被告との間で「医学鑑定」の応酬がなされるが、ここで鑑定医の問題が出てくる。
医師同士のかばいあいの体質があるために「医学鑑定」そのものが信憑性、公平性に欠けたり、医師が鑑定を嫌がるために、原告や裁判所が鑑定医を探すのに苦労することになる。

尚、歯科のトラブルは、事件性が小さい為、ある程度事前に防ぐことは出来る。
書面を交わす事と、わかりやすい説明をする事。
この2点をしっかり行うことで、大部分はクリアできるとの事です。
スポンサーサイト
プロフィール

ドクタードットコム

Author:ドクタードットコム

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。